現アパート経営者(元しがないサラリーマン)現アパート経営者(元しがないサラリーマン)

空室さえなければ、アパート経営に成功できる??

アイケンジャパン、および、アパート経営で失敗しないための注意ポイントをまとめてみました。

もしあなたがアパート経営に興味があるのなら、必ず押さえておきたい確認項目ばかりを集めています。

ぜひ、これから始めるアパート経営に役立ててみてくださいね!!

アイケンジャパン、および、アパート経営の失敗とは??

現アパート経営者(元しがないサラリーマン)現アパート経営者(元しがないサラリーマン)

まず、アパート経営における失敗についてお話させて頂きますね。

アイケンジャパンに限らず、アパート経営では成功する人・失敗する人に分かれます。

そして、その運命の別れ目で多いのは、入居率が高いか・低いかの違いですね。

やはり、アパートの部屋が空いていると、その部屋からの家賃収入はずっとゼロのままです。

そうなると、その部屋の分だけ、毎月大きな赤字となりますからね。

 

なので、アパート経営をあなたがしたい場合は、入居率で高い実績のある会社を優先的に選んでいくことが先決です。

となると、アイケンジャパンさんは、非常に高い入居率を長年マークされている会社さん。

つまり、アイケンジャパンさんを選択すると、アパート経営で失敗する確率をかなり下げることができるでしょうね。

 

ただし、アパート経営、および、いかなるビジネスもオーナー次第。

だから、失敗したからといって、パートナー会社さんに文句やクレームを付けたりするのは止めましょうね。

それは、『経営者失格』を意味しますので。

失敗しないためには・・・新築アパートがおすすめ??

現アパート経営者(元しがないサラリーマン)現アパート経営者(元しがないサラリーマン)

中古アパートだと、修繕費用が後からたくさん掛かるケースがあります。

そして、アパート経営に参入するにあたって、誰もが迷ってしまうのが、

 

『新築アパートか、それとも、中古アパートか』

 

というポイント。

 

私の個人的な意見を言わせて頂くと、新築アパートをおすすめしています。

なぜなら、確かに初期費用は高くなってしまいますが、新築アパートであれば入居者さんから気に入ってもらいやすく、空室率を低く押さえやすい。

 

一方で、中古アパートでは、デザインや設備の古さから入居者が避けがちになります。

つまり、入居率を高く保つのが難しくなり、家賃収入が低空飛行してしまうリスクがありますよね。

それに、これから何年も経営していくのですから、中古アパートは既に時代遅れなのに、さらにドンドン時代遅れになっていきますよ。

加えて、中古ゆえに、近いうちに修繕費用や改修費用が掛かってリフォームをせざる得ないケースも出てきます。

そうなると、たとえ初期費用が安い中古アパートであっても、トータルの出費コストは新築アパートより大きく赤字になってしまう可能性がありますから。

【まとめ】失敗も成功の元だが。

現アパート経営者(元しがないサラリーマン)現アパート経営者(元しがないサラリーマン)

絶対に失敗したくない、アパート経営。

今回は、アパート経営における失敗の典型的なパターンについて書いてきました。

 

ビジネスにおいても失敗は成功の元ではありますが、不動産ビジネスでは扱うお金の額が大きいので失敗は許されません。

あなたの老後生活を支えるための継続収入にもなるアパート経営にもなりますし、絶対に成功させたいですよね。

さらには、ご家族にも遺産として残しやすいのが不動産の魅力でもあります。

 

そのためにも、中古アパートよりも新築アパートの方がおすすめであること、入居者を高くして空室を極力減らすことを最優先にしていきましょうね。

失敗を恐れずチャレンジするのは避けて、石橋を叩きながらアパート経営の成功の道を探られてください。

 

そのパートナーとしておすすめなのが、私の中ではアイケンジャパンさんですね!!

ぜひ、アイケンジャパンさんをチェックしてみてください。

 

こちらの記事もおすすめです!!

→アイケンジャパンを知る!