現アパート経営者(元しがないサラリーマン)現アパート経営者(元しがないサラリーマン)

利回りを一番気にしてしまう。。。

アパート経営や不動産投資で気になってくるのが、利回りに関する話。

やはり、早い段階で借り入れ金を完済したいでしょうし、アパート経営者にとって利回りは重要なポイント。

アイケンジャパン福岡市の賃貸物件などはどうなのか??

 

【福岡市の賃貸物件】アイケンジャパンの利回りについて

現アパート経営者(元しがないサラリーマン)現アパート経営者(元しがないサラリーマン)

アパートの利回りは物件に依ります。

まず、アイケンジャパンさんの利回りに関してですが、これは物件によってマチマチなので一概には言えません。

なので、福岡市にある賃貸物件だったり、東京だったり、広島だったりで、利回りを平均値を出すのはナンセンス。

あなたが経営していくアパートの頭金やローンのトータル、入居率といった様々なファクターが相まって決まります。

また、経済の状況によっても、家賃の設定金額も大きく変えざるを得ないでしょう。

ひとまず、アパート経営で成功しているアイケンジャパンさんですし、利回りやアパート選びに関して、一度相談されてみると良いでしょう。

アパート経営で大事な利回りの考え方

現アパート経営者(元しがないサラリーマン)現アパート経営者(元しがないサラリーマン)

大まかに利回りについて解説しておきますね。

という具合で、アイケンジャパンさんの利回りに関して明確に答えられなくて恐縮です。

そこで、利回りについては、基本的な用語だけをまとめておきますね。

表面利回り

まず、表面利回りについてですが、これは年間あたりに入ってくる家賃収入の合計を、販売価格で割ったものですね。

たとえば、家賃収入が1部屋5万円(月)で10部屋あれば、月収50万円の家賃収入。

そして、販売価格が5,000万円だとします。

このとき、表面利回りは、50万円÷5,000万円で1%という計算になりますね。

実質利回り

こちらは、表面利回りとは異なり、経費や金利のお金も計算に入ってきます。

アパート経営では、部屋や設備の改修だったり、購入時のローン金利だったり、家賃収入がストレートにそっくりそのまま入ってくるワケではありません。

そのため、そういった家賃収入から差し引かれる分を考慮した上で、↑さきほどの収入÷販売価格をすると実質利回りが計算できます。

 

“実質利回り” という名前からわかるように、よりリアルな数字に近い利回りですよね。

なので、アパート経営をしていく上では、実質利回りをメインに考えていきましょう。

※経費には他にも、固定資産税や管理費用なども含める必要があります。

 

ちなみに、実質利回りでは、5%を超える物件だと優秀と言って良いでしょうね。

投資利回り

こちらは、最初に支払った頭金の回収ができた後に、そのアパートを売却するケース。

しかし、営業マンから『自己資金の回収後に売却するように』と勧められる場合、気をつけておいた方が良いでしょうね。

なぜなら、数年後にあなたのアパートが、現在と同じ家賃収入の設定をしていられるのかも不明ですし、売却時の値段も現在の試算通りにいくかどうかは曖昧です。

加えて、短期売却を前提にしたアパート経営ですと、営業マンは長年人気の出る物件だとは自信がない可能性がありますよね。

以上のように、表面利回り、実質利回り、投資利回りといったアパート経営者なら学ぶべきことが沢山ありますが、ペイできるタイミング、黒字化できそうな時期を入念にシミュレーションしてからアパート経営に乗り出しましょう。

【まとめ】アイケンジャパンの利回り

現アパート経営者(元しがないサラリーマン)現アパート経営者(元しがないサラリーマン)

アイケンジャパンさんから無料の資料請求をしてみると良いですね!!

以上が、アパート経営における利回りについてです。

そして、アイケンジャパンさんは北九州に会社がありますし、東京などにも支社があります。

つまり、全国展開できる=それだけ良いビジネスができている、と予想できますよね。

なので、利回りに関しては、賃貸物件のそれぞれによって異なりますが、アイケンジャパンさんと相談しながら判断していきましょう。

 

こちらの記事もおすすめです!!

→アイケンジャパンを知る!